自身のレベルと学習内容に合わせた教材を選ぶために

MENU

幼い頃から英会話

英会話スクールプラスアルファの英語学習

小学校にも英語教育が取り入れられるようになり、未だに賛否両論あるもののその流れは今後も進んでいくものと思われます。 そのような中で民間の英語教室などでも子供英会話を対象にしたクラスが、ますます盛んになってきています。老舗といえるような英語専門の教室から大手学習塾、幼児対象の教室など、多岐に渡っています。 そのようなスクールに通う場合には、たいてい週1回程度のレッスンになることも多いと思われます。ですからスクールに通っているだけで十分と、安心してしまわないような注意が必要です。 英語を習得できるか否かに関わるのは、英語に触れる時間の絶対量の多さにあるとされるためです。 子供英会話のクラスに通うことはもちろん効果的ですが、それにプラスしてさらに英語に接する時間を少しでも増やす意識が必要となるのです。

子どもが英語を習得するため覚えておきたいこと

子どもにとって年齢的に早い時期から英語を学ぶことは、英語に触れる時間が増えるメリットになります。 もちろん良い発音を身につけるためにも有利で、小学校低学年での英語教育が本格化していない現状では、その点においても子供英会話のスクールに通うことは意味があります。 そのようにしてせっかく始めた早期英語教育の効果をムダにしてしまわないために、知っておいたほうが良いことがあります。 実は、幼少の時期から英語を学習し始めたとしても9〜10歳頃までにやめてしまった場合、それまでせっかく覚えたことも忘れてしまうと言われています。ですから、ぜひその時期を乗り切って英語学習を続けることが肝要です。長く通い続けられる子供英会話スクールを選べば、その点も安心です。