自身のレベルと学習内容に合わせた教材を選ぶために

MENU

費用は様々です

ワーキングホリデーの費用はどれぐらいか

ワーキングホリデーは就労体験をしながら収入得て留学ができてしまうという便利な制度です。年齢制限があるのが一般的ですが、現地で働く収入で補てんできる部分があるのでワーキングホリデーに必要な資金のすべてを出発前にそろえる必要がない点が魅力的です。 ワーキングホリデーの費用は、ビザ申請費用、往復航空券費用、学費、宿泊生活費が主なものです。 例えばオーストラリアに1年間行く場合には費用としては225万円程度という目安がありますが、アルバイト収入で120万円程度カバーできるという試算があります。同様にカナダであれば費用は200万円で収入が約100万円が目安のようです。留学や就職準備でワーキングホリデーを利用することを選択肢に入れることも考えてみるといいでしょう。

ワーキングホリデーにかかる費用を抑える

ワーキングホリデーというのはある一定の年齢に限って就労ビザを必要としないで海外で働くことができる制度です。 その内容というのは自由自在に決めることができますが、働くことによってワーキングホリデーにかかる費用を抑えることができます。 かつては日本料理店でアルバイトをしながら語学学校に通い、異文化を体験する人が圧倒的に多かったですが、日系企業が多数進出したことを受けて日系企業で働きながらワーキングホリデーの費用に当てるという人も増えてきました。ワーキングホリデー自体にはそれほど費用がかかりませんが、語学学校や旅行に行こうとなると費用がかかることから、現地の会社で働きながら語学学校に通う人が増えています。