自身のレベルと学習内容に合わせた教材を選ぶために

MENU

ビザ制度の活用

貴重な経験ができるワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、長期滞在の許されるビザ制度です。18歳から30歳までの日本国民なら日本とワーキングホリデー協定を結んだ国に1年から2年の滞在許可がおります。現地での過ごし方が自由なのもワーキングホリデーの良さです。就労もできますし、語学を学ぶために学校に通ったり、旅行を楽しむこともできます。ビザの取得方法は国によっても違いますので、行くことを決めたらまずは情報収集をすることが大切です。ワーキングホリデーに行けるのは30歳までと制限があります。行きたい気持ちが固まったら出発までに必要な費用を貯め、現地の情報をしっかり把握しておきましょう。ワーキングホリデーは海外旅行とは違い異文化を知る貴重な経験となります。

人生が変わるワーキングホリデー

18歳から30歳までの間でしか行くことができないワーキングホリデー。短期間の海外旅行とは違い、長期間滞在することで海外の文化に溶け込むことができます。ワーキングホリデーの協定国は12カ国あります。オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの英語圏をはじめ、ヨーロッパやアジアまで幅広い国が協定を結んでいます。まずはどんなことがしたいのか目的を考えて行き先を決めることがおすすめです。ヨーロッパは他のエリアに比べ、滞在費用がかかってしまいます。用意できる費用も含めて行き先を考えることも大切です。ワーキングホリデービザが取得できると海外で働くこともできます。思い切って一歩を踏み出せば人生が変わります。